投稿者「数霊屋総本家」のアーカイブ

令和もJーPARCへ

8月25日、久しぶりに茨城県東海村のJーPARC(大強度陽子加速器施設)へ行ってまいりました。今回で3回目なので少しは近くなっているのではと期待してましたが、今までと同じだけ遠かったです。

JーPARCでは陽子のカタマリを加速するメインリングのパワーアップ計画があるので、是非ともヘヴィメタ物理学者の多田将さん(通称:将サマ)に話を伺いたいと思っていたところ、バッチリお会いできまして、多田さんのヘヴィメタ度もパワーアップされてました。

で、メインリングのパワーアップなんですが、まずこの加速器は陽子のカタマリをほぼ光速まで加速してから標的にぶつけて陽子を破壊します。

続きを読む

鎌倉整体特別講習会

9月22日に鎌倉で整体の講習会がおこなわれまして、今回のテーマは仙骨です。

女性の仙骨は男性よりも表情が豊かでして、子宮や卵巣などの問題点がハッキリ現れるだけでなく、結婚運ですとか、あるいは仕事で成功するかとかまで見て取れてしまうとても面白い骨です。

整体教室では生理痛や腰痛、不妊、腸のハタラキなどに関する対処法をお伝えしていますが、今回は仙骨に特化した講習会なので、さらに仙骨の表情を学んでみましょう。

以下、主催者さんからの案内文です。

——————————–

「弥栄整体特別講習会」

弥栄整体鎌倉組です。
5級・4級と深田先生に弥栄整体の基本をご指導していただき、
普段の施術に加え、施術家同士のケアが格段とやりやすくなりました。練習会もうちうちでは開催していたのですが、
今秋から本格的に定期練習会を開催していく事ができそうです。

今回深田先生にご相談したのは「特別講習会の開催」でした。
先生の手技は、常に進化していることもありますし、何より生徒たちの興味探求に真剣に向き合ってくださいます。
通常開催の5級や4級の際に復習しながら体得することももちろん大切なのですが、もう少し探求したいことをダイレクトにご指導いただける場として提案させていただきましたところ「やって見ましょう!」と快諾いただきました。

鎌倉では来年度からは
午前中を症状やお困りごとをお持ちの地域の方にいらしていただき、弥栄整体を中心とした手技の実践の場にする「寺子屋」
午後を卒業生の練習会にする。という日を1ヶ月に1度ほど設けて
行こうと考えています。その中で年に何回かは特別講習を先生にお願いしようと思っています。
その1回目が今回9月22日となります。
卒業生の方でご興味がおありの方は是非ご参加いただけますと幸いです。
詳細は以下をお読みください。

——————————–
●特別講習会その1

「仙骨と仙骨のためにできること」
「深ちゃんに聞いてみよう!」(各自の聞きたいことを持寄ります)

9月22日(日)13:00-17:00

場所:大町会館(Google地図

定員:12名まで

参加費:
①深田先生受講費として5000円
②会館使用料とマット等の移動にかかった料金は、参加者で折半します。
 (概ね1人1000円程度かと思います)

持ち物:
 動きやすい格好・靴下
 タオル
 飲み物
 その他ご自身で必要なものを。

申し込み:鎌倉巡らせ隊(石井が窓口です)
      microvita@mac.com

ついにスーパーカミオカンデへ!

今年3回目の飛騨神岡は、ついに、ついについに、とうとう、やっと、苦節ウン十年、7月13日にスーパーカミオカンデの内部に入ることができました。
といっても光電子増倍管で埋めつくされた巨大水槽はニュートリノの観測が続けられているため中を見ることはできません。
ですが水槽のフタの上に立つことはできまして、足元の60㎝下にはあのスーパーカミオカンデがあると思うと、嬉しすぎて水槽に飛び込みたくなりましたがそれは無理。
「遷都高天原」ではトルコからやって来た女神レディー・ググたちが、茨城県東海村からスーパーカミオカンデまでニュートリノと一緒に飛ばされていますが、肉体がないからこその話です。

続きを読む

弥栄整体、練習会のお知らせ(8/4 鎌倉)

鎌倉教室の生徒さんが練習会を開催いたします。

鎌倉教室の生徒さんは熱心に連絡を重ねているため、かなりレベルが高くなっていますし、行政とタイアップしての”鎌倉市民を健康にする”という企画において、弥栄整体がオフィシャル整体になったとか。

以下、案内文をそのまま掲載いたします。

———————————————

「鎌倉 弥栄整体練習会のお知らせ」

練習会は定期的に開催しますので、5級を卒業された生徒さんのご参加をお待ちしています。

日時:8月4日(日)の13:30-16:30

場所:からだヒュッテ

鎌倉駅から徒歩3分くらいの場所です。

鶴岡八幡宮の参道のある二の鳥居[神社]で待ち合わせてヒュッテに向かいます。

参加費: 1人1000円(整体マット等の維持管理に使います)

場所代は4000円を来た人で割ります。

今回は5級の内容のおさらいをメインにしようと思います。

お申し込みはこちらまでお願いいたします。
microvita@mac.com
石井美穂まで。

糺日本書紀 part20

大訂正その2。と言いたいところなんですがその前に、聖徳太子話題はみなさん食い付きがいいですね。
大河ドラマで国民に一番望まれてるのが聖徳太子だそうで、けど本当に実在だとすると太子は西突厥(にしとっけつ)の王か武将なので、現代でいえばカザフスタン人になってしまいます。NHKが聖徳太子役をカザフスタン人にやらせるのはまだ無理でしょうね。
それに高句麗の女性に生ませた娘を倭国(日本)へ連れてきて倭国王(天皇)にしているらしく、そんなことをNHKがどこまで描くのだろうか見てみたいですが、まぁ絶対に無理でしょうね。
そのカザフスタン人は相当な権力や腕力を振るい各地を制圧してきたようで、特に唐には反発し続けていたようです。反唐派の急先鋒ですね。まるで後の天武天皇みたいだ。

続きを読む

ハチが10歳になりました

約2年前にカミさんが旅立ち、健太は中国やカナダの大学を行き来しているので、毎日ハチと平穏に暮らしています。6月20日でハチは10歳になりました。

写真1:「ねぇ父さん、ボクおりこうにお留守番してるから、仕事が終わったら急いで帰ってきてね。約束だよ」

写真2:お風呂やトイレに入ると、いつまでも階段下で待機してます。
「ここで待ってれば、いつかは出てくることをボクは知ってるのさ」

写真3:書斎の机の片隅でしばらく昼寝をしてくれますが、2時間が限度です。
「あのぉ、すみません。いつまで原稿書いてるんですか。散歩の時間なんですけど判ってます?」

写真4:「うちの父さん、お酒を飲みながら”寅さん”を観はじめるとちっとも遊んでくれないから、もうボク寝る」

写真5:家の前の空き地で遊んでいて、
「あっ、父さん。宅配便が来たよ。」

糺日本書紀 part19

古代史についていろいろと書いてきましたが、その解釈において大訂正があります。
これまでは日本書紀のデタラメを暴くにあたり、日本書紀に描かれている世界の中で糺そうとしてきました。つまり、日本書紀は史実でないと否定しつつも、日本書紀の枠の中で物事を解決しようとしていたわけです。
とはいっても唐や三韓(百済・新羅・高句麗)、それに韓半島南端にあった伽耶諸国の歴史と比較しつつ、当然ながら倭人(日本人)であると考えがちな天皇(大王)やその近辺の人物が、少なくとも飛鳥・奈良時代までは渡来人もある程度は含まれているであると理解してました。そう、政治の中枢はに外国人もけっこういたのだと。
しかしここへ来て……………………

続きを読む

糺日本書紀 part18

part16の続きです。
第36代の孝徳天皇は在位中に元号が変わっていまして、
・大化=645年6月19日~650年2月15日
・白雉(はくち)=650年2月15日~654年10月?日
なんですが、大化期は鎌足に持ち上げられた蘇我倉山田石川麻呂が即位していた可能性があると、part16ではお話しいたしました。石川麻呂が自害に追い込まれると翌年に元号が大化から白雉に変わってますし。

ちなみに天皇が在位中に元号を変えた例はいくらでもあり、令和天皇は第126代ですが、元号は大化から数えて248番目なのでほぼ2倍です。在位中にしょっちゅう改元していたんですね。
ですが、孝徳大王の場合は実際に天皇が途中で変わったとも考えられるため、それで蘇我入鹿の暗殺において鎌足に荷担した石川麻呂が大王に持ち上げられていたのではないかと考えていました。
ですが、即位していたのは石川麻呂ではなさそうでして…………

続きを読む

対馬、再び

4月に長崎県の対馬へ古代史を調べに行ってまいりました。
前回は和多都美(わたつみ)神社のイソラヱビス(磯良エべス、写真:1)などを調べることが目的でして、イスラエルへ行く直前の2009年の9月でしたので、ほぼ10年ぶりになります。
10年前は着いた翌日が旧暦8月1日だったため、ちょうど和多都美神社では年に一度の例大祭の日でして、そのあたりは「ヱビス開国」に詳しく書きましたので省略します。
今回は神社伝承ではなく真面目に古代史を調べてまいりまして、それを弥栄古代史研究室に書くつもりでしたが、これがちっともまとまらないため、ひとまずニュースで対馬旅行的にまとめました。

続きを読む