ニュース」カテゴリーアーカイブ

素粒子物理学者の将さまが!

昨年12月、[そこまで言って委員会NP]を観ていたら、素粒子物理学者の多田将さんがゲストで出てこられ(写真:1)驚きました。

とはいっても素粒子の話ではなく軍事評論家?の立場だったので笑ってしまったんですが、多田さんは普段から茨城県東海村のJーPARC(高エネルギー加速器研究機構)でニュートリノの研究実験をする際にもヘヴィ・メタルなスタイルか軍服で作業をされていて、世の中広しといえども彼ぐらいだと思います。
このJーPARCから295㎞先にある飛騨神岡のスーパーカミオカンデへ向けてニュートリノを撃ち込んでいるんですよ。

そしたら先日(1月29日)も[そこまで言って委員会NP]で、今度はコメンテイター席に多田さんが出演されていて(写真:2)、準レギュラー化しているのでしょうか。このときも物理学者としてではなく軍事評論家?として。

多田さんはファンから“将さま~”と黄色い声が飛ぶ物理学者で、時代は変わりましたね。
ボクも多田さんとお会いしたくてJーPACRをこれまでに3回訪ねました(写真:3)。もちろんニュートリノについてをお聞きしたくてです。

他にもJAXA(宇宙航空研究開発機構)へ行ったときに筑波のバス停で偶然お会いしたりもしているんですが、飛騨神岡ではハイパーカミオカンデの建設も始まったので、将さまにはカミオカンデ関連の研究実験でノーベル物理学賞を受賞されることを期待してます。

恐怖の悲惨相続

我が家の悲惨な遺産相続を、略して悲惨相続と呼んでいます。
他人事だと思って読んでいただければ面白いでしょうから、詳しくお話しいたします。

3年ほど前、父が年老いてきたので相続税がいくらぐらいになるかを調べてみました。
遺産といっても相続するのは現金でなく土地です。現金はありません。
区画整理が始まる前までは田んぼや畑だった土地のことで、これが大問題なんです。
というのも、無料相談会があったので参加してみたところ、かつての田んぼや畑を現在の路線価に換算して相続税を計算してもらったら、お宅の資産は約4億円になるので、えー、控除を引いて………相続税はと………大体ですが1億5千万円になりますね、って。
ナニ言ってんのこの人?
出川哲朗さん風に言いえばこうでしょ。
お前はバカか!

続きを読む

明けてました

今さらながら新年のご挨拶です。
昨年の2月に父が他界したんですが、我が家の地域は日本で最悪の区画整理中なため、相続税がとんでもないことになっていたんです。
それでも昨年12月までにはほぼ解決したので、今年こそは長野県民になれるかと期待してます。
相続税で困ってたといっても、相続する遺産(現金)で身内がもめてるわけでなく、そんものは残ってないので身内でのもめ事とは無縁だったんですが、かつての田んぼや畑がたくさんありまして、それが今では農地になってないためにとにかく納税額が億単位になってしまってもう本当に大変だったんです。そんなもん払えるか、バカやろー!

続きを読む

十五社神社小宮オンバシラ祭り

富士見町上蔦木(かみつたき)地区の十五社神社は、目の前の国道を東に向かえば1、5㎞で山梨県北杜市の白洲町ですし、国道の反対側を流れる川の向こうへ行けば山梨県まで200メートルなので、サントリーウィスキーの香りが漂って来て…………ませんけど、6年前にも同じことを書いたかもしれません。

ここのオンバシラ祭りはひたすら山を下り、二つのヘアピンカーブを曲がるのが醍醐味だったことを憶えてます。今回もそれを楽しみにしてましたが、オンバシラが曲がってるときは必死で子綱を曳いているため写真が撮れず、ですから建てオンバシラの様子をご紹介いたします。

続きを読む

道祖神・温泉神社の小宮オンバシラ

諏訪大社のオンバシラ大祭が終わると各地域の小宮オンバシラ祭りが300社ぐらいで開催されるんですが、小宮オンバシラも大小さまざまなんです。
諏訪大社のオンバシラ大祭は諏訪地方全域の大きな祭りですが、小宮オンバシラになると太くてバカでかいオンバシラを建てる大規模なものから、狭い地区だけの小さな神社の小宮オンバシラ祭りまでありまして、今回は上諏訪町の小さな小さな町内のオンバシラ祭りです。
なにしろ名前は温泉神社といえど公民館の敷地の隅っこにある小さな祠のことでして、しかも道祖神に隠れているため注意してないと見過ごすほどで、建てるオンバシラも細くて短い杭みたいなものかと思いきや………………

続きを読む

手長神社オンバシラ祭り 番外編

手長神社で一之御柱を担当する地区の総代さんから贈り物が届きました。
この総代さんは6年前の前回は一之御柱の曳行長をされていて、引き続き今回もいろいろとお世話になったんですが、ボクがあまりにもオンバシラバカなので、憐れんで送ってくださったのだと思います。
届いたのは木片とロープで、この木片は建てオンバシラの際に柱の周りにたくさん巻きつけて、氏子さんはこの木片を足場にしてオンバシラに乗ります。
オンバシラに乗った氏子さんは、木片を結ぶロープに命綱を引っ掛け、徐々に建っていく柱の上からオンベを振ってオンバシラが神になる瞬間まで見届けるんですね。

続きを読む

手長神社オンバシラ祭り part 3

階段登りが終わった後、境内に植えられた梶の木を見つけたので葉の写真を撮っていました(写真1)。

梶の葉は諏訪大社の神紋になっていますが、手長神社も梶の葉を大切にされていて、5年ほど前に当時の宮坂宮司から梶の葉を描いた土鈴をいただきました(写真2)。

以前、宮坂さんは手長神社と八剣(やつるぎ)神社の宮司を兼任されてましたが、現在は八剣神社に専念され、毎年冬になると凍った諏訪湖に御神渡り(おみわたり)が出たか否かを認定されるのがこの宮坂宮司さんなんです。
めっちゃ面白いんですが、諏訪ではとっても偉~い人なんですよ。

続きを読む

手長神社オンバシラ祭り part 2

18日の山出しは早朝から、小雨・曇り・晴れ・小雨・曇り・晴れの繰り返しで、ついに午後3時ごろにはドシャ降りになってしまいました。なので小降りになるまで近くの軒下へ待避。
道路が濡れるとオンバシラが路面をツルツル滑るので恵みの雨でもあるんですけどね。

そして24日、里曳きの初日です。天気予報では台風の影響で午前中は大雨ですって。またドシャ降りか。
あらかじめカッパを用意し、手袋も地下足袋も防水スプレーでしっかり対策して諏訪へ向かいました。
雨の中の曳行は大変ですけど、濡れた路面をオンバシラが走って楽なので…………あれ?
ピーカンじゃんか。快晴です。日本晴れだぞ。そして暑い!

続きを読む

手長神社オンバシラ祭り part 1

6年前、諏訪大社のオンバシラ大祭が終わった後、各地域の神社でおこなわれる小宮オンバシラ祭りに10社ほど参加させていただきました。
どこの小宮オンバシラも楽しかったんですが、中でも上諏訪の手長神社は国道を全面通行止めにするは、里曳きは初日も2日目も踏み切りを渡るは、空が暗くなるのを待って提灯片手に200段の急な階段を曳き上げるはで、次回も絶対に参加したい小宮オンバシラでした。

そんな訳で今回、9月18日の山出しと24~25日の里曳き、フル参加させていただきました。ある氏子さんの従兄弟ということにして。

続きを読む

ハチの保冷剤?

いつもハチの散歩ですれ違うワンちゃんが、首に細長い保冷剤を巻いてました。犬用のものらしいです。

どこで買ったのかを飼い主さんにお聞きしたところ、もうどこの店も品切れ状態らしく、3千数百円ぐらいのものがネットで5千~6千円で転売されてるとのこと。それはちょっと高すぎて買いたくありません。

で、ひょっとしたらと思い近くのホームセンターへ行ったところ、やはり犬用のものは売り切れてましたが、人間用のものがレジ横に置いてあり、女性用が1280円。男性用が少しだけ太くて1380円。

これでいいんじゃないのか?

というわけで女性用を買い、首ではなく胴体にはめたらピッタリでした。
犬用と人間用では機能性が多少は違うんでしょうけど、アスファルトの照り返し熱が少しはやわらげばそれでいいや。安くつきました。